源氏物語色彩絵巻 源氏香名刺入れ

源氏香のマークをあしらった名刺入れを開発いたしました。
ビビッドなカラーの源氏香は、若者からお年を召した大人の方まで、持つことによって、きっと相手に気品と文化の香りを感じさせる、ワンランク上のお気に入りアイテムになること間違いなしです。
千年の時を越えて、源氏物語のロマンをあなたの身近に置いていただきたい。
魅力的なあなたへ

1つ  8,000円(税込)

 

おすすめ.1  意味を持つ、厳選した12の源氏香

宇治市在住の“ひとりものがたりの語り部”である六嶋由美子さんに、源氏物語五十四帖の中で特に人気のある帖を厳選していただきました。
源氏物語五十四帖の中から厳選された12の物語の源氏香をあしらいました。
その1つ1つの色も源氏物語のお話の中に出てくる情景をイメージした色に・・・。
源氏物語ファンにとってはこの上ないこだわりの名刺入れとなりました。

らくゆうブランド『源氏物語色彩絵巻(名刺入れ)』は、源氏物語五十四帖の中から厳選した十二の帖の源氏香をモチーフに、それぞれの帖を表すにふさわしい色を吟味して採用したこだわりの名刺入れです。源氏物語ファンのあなたならこの色と源氏香を見ると描かれている情景がくっきりと浮かんでくることでしょう。

【夕顔】  第4帖  夕顔の白
【若紫】  第5帖  やまぶきの色
【紅葉賀】 第7帖  紅葉の色
【花宴】  第8帖  桜の色
【葵】   第9帖  葵の上の死に際し、六条御息所と交わした文の和紙の色
【花散里】 第11帖  橘の葉のみどり
【明石】  第13帖  明石の君が源氏に送った文の和紙の色
【玉鬘】  第22帖  衣配り(きぬくばり)での紫の上の衣
【若菜下】 第35帖  女楽(おんながく)での明石の上の衣(柳の葉)
【御法】  第40帖  紫の上の死による喪の色
【橋姫】  第45帖  大君の衣
【浮舟】  第51帖  雪・浮舟の衣

 

 

おすすめ.2  本皮を使用しています。

柄を美しく描き出したい・・・。
あえて美しく白い皮にこだわりました。
長年革製品を得意とする京都企業の目利きです。
今回の製品開発にとって大切な要素となっております。

おすすめ.3  名刺交換した際の『仮置きポケット』をつけました。

名刺交換した際にすぐにしまってしまうのは失礼にあたるのでは・・・・。
少し余韻を持たせて、まずは仮置きポケットにはさみ、そして自分の名刺をお渡しする。

あらためてポケットから取り出し、相手のお名前や肩書きや職業などの話題をする。
ちょっと大人の神対応の名刺交換ができればというのも今回の製品開発のポイントでした。

 

おすすめ.4  縫製の丁寧さをご覧ください。

皮製品の縫製についてご存知ですか?
縫い目が若干ずつ斜めになっているほうが丈夫なのです。
まっすぐのミシン目だと皮が裂けやすくなるのです。
また、角の処理もこだわっています。
裏地もついているので出し入れもスムーズ。

おすすめ.5  Made in Kyoto

開発チーム、デザイン、プリント加工、縫製作業、すべて京都の企業のコラボレーションで製造することがかない、自信をもって
Made in Kyoto・・・と宣言いたします。

 

おすすめ.6  和装にも洋装にもどちらにもフィットする気品あるデザインです。

おすすめ.7  大切な方への贈り物にも

おしゃれな薄紙に包んで、素敵なしおりとともに、黒箱に入れてお届けいたします。

 

源氏香とは